葬儀の費用を安くする方法、終活から葬儀社の選び方、葬儀から各法要のポイントまで紹介

葬儀の費用を安くする方法

葬儀の料金は何処でしても同じだと思っていませんか?葬儀費用の平均金額をニュースなどで見かけることもあると思いますが約150万~200万のあいだが相場で、このほかにお布施が別途必要になります。
ですが、この相場は年々減少傾向にあります。理由は会葬者が少なくなっていることで多くの人が会葬に来ていただければ、その分の引き物やお清めの料理が必要になっていきます。
この会葬者の数が亡くなるかたの平均年齢の上昇と施主を務めるかたの高齢化や故人様の子供が少なくなっていることが理由になります。
つまりプランや見積もりでは安い金額でも実際に葬儀をしてみたらプランや見積もりよりも高い金額になってしまったと言われる原因はここにあります。

家族葬の平均相場

家族葬は安いとのイメージを持たれているかたも多いですが実際に葬儀をしてみると通常の一般葬よりも高い費用を請求されることがあります。
ネットで調べるとプラン的には30万~50万円ぐらいが相場になっています。ですが家族葬でも高い金額になってしまう場合もありますので注意が必要です。

>>意外と知らない家族葬の秘密<<

一般葬の平均相場

一般葬とは友人や知人など多くの人に会葬にいただいて葬儀を執り行うことをいいます。家族葬に比べて葬儀費用は高くなりますが頂く香典金額も大きくなりますので完全な赤字になることは少なくなると言われています。
100万円~上を切りがないので上限はありません、大きな式になると生花祭壇で200万以上になることもあります。

>>一般葬の相場と安くするポイント<<

火葬式の相場

火葬式は親族だけで行うことが多くなっています。以前は火葬式だけで行う人は何かしらの言えない理由がある人が多かったのですが最近では金銭的に余裕がない人や簡単に済ませたい人に多くなっています。
火葬式は10万~20万円ぐらいが相場です。

>>火葬式の安い葬儀社と高い葬儀社の金額差は○○万円<<

葬儀費用が一番変動しやすいのは何だと思いますか?

最近では葬儀社も打ち合わせの時に見積書をだすことが多くなっていますが、葬儀が終わった後に見積もりと大きく金額違ってくる場合があります。見積もりでは100万円で葬儀ができる予定でしたが葬儀終わった後に請求書を見たら金額150万になっていた場合もあります。
このときに葬儀で一番変動がしやすいのが葬儀に来ていただいた人たちへのお返しの引き物です。見積もりでは引き物が30個ぐらいの予定でしたが60個も出た場合は倍の金額、清めの料理も遠い親戚の人が来たりするなど予定していない人が来た場合は、その人の分も用意をすることになりますので金額が大きくなります。
こういった変動しやすい金額のものは1個1人あたりの金額を大きくしてしまうと変動した時に高額の請求になってしまう場合があります。そのため見栄をはらずに大きな金額にしないで相場の金額にしたほうが増えた場合でも変動金額を抑えることができます。

葬儀のプランは

葬儀をするにあたって葬儀社ではセットプランを用意しています。このセットプランは搬送車、お位牌、会館使用料、骨壺、ドライアイス、後飾り祭壇などがセットになっています
葬儀のプランは葬儀社によって違います。このプランも内容を確認しないと損をする場合もありますので多くの葬儀社の葬儀プランを見たほうがいいです。
例えば会葬礼状といって来ていただいた人に引出物と一緒にわたすお礼状があります。この礼状は葬儀社によって金額が違い100円~500円ぐらいの金額になりますが、この礼状が葬儀社によっては100枚まではプランに組まれているなどの違いがあります。
1社だけのプランでは『それが一般的』と思う人が多いですが実際は企業によって全然違ってきます。A社では1つのプランでもB社では3つのプランから葬儀のスタイルを選ぶことができます。

>>葬儀プランの違い<<

葬儀費用で葬儀社以外に支払う費用

葬儀でかかる費用は葬儀社に支払う金額以外に大きくかかるのがお布施になります。仏式で葬儀をする場合は最低でも20万以上は必要になると思ってください。
お布施の金額は色々な条件で金額が変わっていきますので下記を参考にしてください。

  • 戒名の位によって違ってきます。

まず戒名について色々な言い方がありますが亡くなってからの名前になります。この名前には位が3つの位があり一番下の位は男性が信士で女性が信女、中間の位で男性が居士、女性が大姉と言い一番高いくらいが院号と言われています。

  • 宗派の違い

宗派によって金額も違ってきます。ここで紹介するのは控えますが中間の男性が居士、女性が大姉とすると安い宗派で50万高いお寺で60万の金額になります。

  • お寺の位による違い

一般の人にはさほど興味が無いと思いますがお寺には宗派内で位の高いお寺と普通の位のお寺にわかれています。位の高いお寺の場合には相場よりも少し高い金額のお布施を請求されることもあります。例えば院号の場合で位の高いお寺の場合は100万円を請求された場合もあるそうです。
これが神葬祭(神道とも)の場合になると20万ですんでしいます。理由は戒名の位がないのが理由で大きな式になっても大きく金額がかわることはありません。

【リンク】

>>戒名は高くすると大変

>>菩提寺が無い場合は格安で住職を紹介いたします。

葬儀の支払いは

冠婚葬祭の中で葬儀だけが急におこることが多いのに支払う金額も大きくなることが多いです。結婚式は半年先を多くの人が予定をしていますし祝儀の金額もおおよその総額は予定が出来て追加でかかる費用もありませんので予算が組みやすいです。ですが葬儀の場合は予定を立てるわけにはいきませんので殆どの人が葬儀社に言われるままに式をしてしまい高い金額になってしまう事がほとんどです。もちろん葬儀の費用を安くすることもできますが葬儀が大きく赤字になるか黒字になるか葬儀が終わるまで金額はわかりません、例えば葬儀の費用が100万、お布施が30万だとしたら130万円のお金がひつようになります。ですが頂いた香典は70万円だとした場合残金の50万をどのようにしたら良いか悩みます。
最近ではローンを組める葬儀社も増えていますので、よほどのことが無い限りローンで残金を払うことができます。そのためにも近隣の葬儀社などから資料請求や事前相談に行ったほうが良いです。

【リンク】

>>葬儀でローンを組む場合の注意点

>>葬儀でローンが組める葬儀社

口コミで葬儀社を決めるのは危険

葬儀会館を選ぶ時に金額も重要ですが次に重要なのは会館の場所や担当者などです。特に担当者は出会って数時間後には長い人生の中で大切な式をしなくてはいけません、この時に重要なのは相手を信じる事ができるかどうかが重要になります。
口コミだけを信じて葬儀社を選んだ場合は失敗をすることが多いです。あの担当者なら良くしてくれるという考えで紹介してもらったとしても実際にこちらの考えを担当者に伝えないと葬儀は成功しません、葬家の考えと葬儀社の考え、お互いの考えが一致することによって葬儀は成功すると言われていますので悩んでいることがあったらドンドン担当者に相談してください。
葬儀社の中には1級葬祭ディレクター、2級葬祭ディレクタ-が何名在籍している事を売りにしている葬儀社もありますが『1級葬祭ディレクターがいるから安心』と言うことはありません。
ディレクターをもっていなくても素晴らしい担当者は沢山いますので色々な葬儀社の相談会やイベントに参加してみてください。

葬儀社のイベントには積極参加を

葬儀社を探しているときに何処の葬儀社を選んで良いか悩みますよね、立地的な問題もありますが実際には話して見ないと解らないことだらけです。そこでポイントになるのが葬儀社でやっている葬儀勉強会や葬儀相談会、会館見学会などのイベントに参加すると葬儀プランの説明から大よその見積もりがもらえますから近隣の葬儀社に行って見積もりをもらって検討するのも重要だとおもいます。

【リンク】

>>葬儀社のイベントに参加したらチェックしたいこと

>>イベントの種類

ネットで簡単資料請求

葬儀社さんの資料は今はネットから依頼する人が殆どです。葬儀社に相談に行きたいけど中々いけない人が多いので最近ではネットで簡単に資料を請求することが出来ます

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U7V9N+GGZTM2+2ICS+631SX” target=”_blank” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”300″ height=”250″ alt=”” src=”https://www23.a8.net/svt/bgt?aid=111221771996&wid=004&eno=01&mid=s00000011710001022000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1U7V9N+GGZTM2+2ICS+631SX” alt=””>