葬儀をする人の半数は一般葬で行われています。そのため通常の葬儀費用を気にされる人が多いのですが相場的な金額は150万~200万円の費用が費用になります。この金額にはお布施の金額は含まれていません、葬儀社に支払う金額だけでこのぐらいの費用が必要になります。

親族はもちろんのこと近所や友人、知人、会社関係など多くの人が会葬に来てくれる葬儀のことをさします。つまり金額の上下は会葬者の人数によって違てきます。例えば65万円の葬儀プランがあったとして、これ以外に必要になるのは返礼品とお清めの料理になりますから会葬の方が多ければその分の費用が必要になりますので葬儀の費用が高くなります。

一般葬、通常の葬儀費用は高いと思う人は少し考えて見てください

家族葬を選ぶ人の中には通常に葬儀をした場合は葬儀費用が沢山掛かり支払うのが大変になると思っている人もいるかもしれませんが頂く香典が多くなるので香典で葬儀の費用が払えることもあります。家族葬でも通常の葬儀でもプラン的には金額もほとんど変わりません、何が変わるかというと多くの人が生花祭壇を少し高い金額にしたことによって金額の差がでるのと礼状も家族葬では30枚までは無料ですが通常の葬儀だと100枚まで無料になります。

家族葬と一般葬の費用を比較して見る

多くの人は家族葬が良いのか通常の葬儀が良いのか悩みますよね、例えば家族葬の最安値が40万だとして、通常の葬儀が70万だとします。これを比較して見ると家族葬 40万円プラン 返礼品 6万円(3,000円×20個) 料理 30名分10万円(通夜と葬儀分) 合計56万円 いただく香典が20名分で20万~30万とすると費用分で26万~36万円の費用がたりません

しかしこれを多くの人に来ていただく通常の葬儀にすると

葬儀プラン 70万円プラン 返礼品30万(3,000円×100個) 料理 10万~30万円(地域によっては親族だけで清める場合と通夜は会葬に来ていただいた人に料理を出す場合があるので清め料理に金額差をだしています) 合計金額が110万~130万 いただく香典が100万~120万円になりますので頂いた香典で葬儀費用が支払えるか10万円だけを支払えば葬儀費用が支払うことが出来ます。
※いただく香典は会葬者10,000円で親族が10,000円~30,000円で計算をしています。
※返礼品は3,000円を基本に計算しています。
※清めの料理は通夜と告別分で計算、家族葬は親族のみが清めの料理を食べることが多いのですが通常の葬儀の場合は地域によっては会葬の人全員に料理を出す地域もありますので10万~30万円と金額の差を出しています。
※ホール使用料が高くなる場合があります。家族葬と違い使用するホールが大きくなるので料金が高くなる場合があります。

一般葬のプランを比較

一般葬はプランだけで50万から75万が多く、これ以外に必要になるのが返礼品と清めの料理が葬儀費用を高くする原因になります。また生花祭壇も大きな金額になることが多く基本プランからオプションで加算されるので5万単位で金額が高くなっていきます。

次に違うのが棺と旅支度の骨壺などで金額が加算されていきます。

プランでオプション加算されやすい物はコレ

棺、生花祭壇、骨壺、返礼品、旅支度、清め料理がプランで加算されやすい品物で、棺や生花祭壇、骨壺などはプランに含まれているので基本的にはグレードアップをしなくても問題はありません、ただ故人様は花が好きだったと言う場合は生花祭壇をオプションでワンランク上のでも良いですし棺をランクアアップするのも良いです。故人様のことを思いお金をかけてあげたいのであれば予算のゆるす中でランクをあげるのは個人の自由です。

ただどうしても返礼品と清めの料理は変動するのでそこだけは注意してください

一般葬の葬儀プランの内容は

家族葬も一般葬もプランの内容は変わらないのですがプランにある棺や骨壺などが高い品になっているだけでプランについてくるものは同じです。

ホール使用料、寝台車、ドライアイス、棺、納棺一式、祭壇、位牌、骨壺、受付道具、司会者、アシスタント、霊柩車、役所手続き、マイクロバス、後飾り、遺影写真などがプランに含まれています。

つまり家族葬でも一般葬でも基本的なプランは同じで1つ1つの物が高価になるのでプランは同じでも金額が高くなります。またプランは葬儀社によって1つだけのプランしかないところから1般葬でも3つのプランがあるところもあります。

これは地域によって違うのですが地元の大手の葬儀社が3つのプランでやると個人の葬儀社様も対抗して3つのプランを用意する地域もあります。

また1つのプランでやっているところは生花祭壇をオプションで組まないと花飾りが何もない寂しい祭壇になってしまいますからオプションを追加して花祭壇にしている人が多いです。

葬儀プランの中身を詳しく書いてみました。

一般葬のお布施

お布施の金額は家族葬でも一般葬でも支払う金額はおなじです。宗派や戒名、お寺の位によって支払う金額が違ってきますが先祖の戒名の位が高くい場合などは仏式の場合はお寺さんが2名~3名でくる場合があります。この時は菩提寺の住職と脇葬と言って助手のようにお寺さんがつく事があります。この場合は脇葬にもお布施とお車代や料理を渡す必要がありますのでその分の料金が発生します。

もし菩提寺が無い場合は葬儀社さんに相談するかネットでもお寺さんを探すことが出来ますので探してもて下さい。

【リンク】

>>お布施と戒名

>>お布施の金額を安くする

一般葬の返礼品選び

家族葬と違い一般葬の場合はどれだけお返しの品がでるかわかりません、3000円の返礼品で50個ぐらいの予定が80個も出たら9万円高い金額になります。故人のために多くの人に来ていただくのは嬉しい事ですし香典も増えるので支払いにまわせるお金もふえます。

ここで注意したいのが相場の引き物金額を調べて置く事です。しらないでいると『これが相場です』と言って地域の中では高い金額の引き物をすすめられる場合があります。

例えば2,000円が相場の地域なのに葬儀社さんの中には3,000円の引き出物が相場ですよと言われてそれを信じてしまうこともあります。

失敗しない葬儀社選び方

葬儀社様で失敗をすることはまずありません、もしあるとすると『○○葬儀社さんですればよかった』と後悔をすることです。

このようなことがおきやすいのは、例えば親の葬儀をしたあとに親戚の葬儀に参列して葬儀のサービスの良さや金額などで後悔をすることが多いようです。

例えば

・同じ規模の葬儀をしたのにAさんの葬儀は30万も安かった

・葬儀の質を求めて有名な葬儀社にしたがサービスが悪く地元の葬儀社の方がサービスが良かった

ここに紹介したのはごく一例ですが、これに似たようなことで失敗をしたと思う人が多いようです。

そこで重要になるのが色々な葬儀社の資料を集めて気になった葬儀社さんのイベントに参加をするなど相談をしてみることです。

実際に足を運んで建物内を見させてもらって話を聞くことで少しはイメージが出来るとおもいます。また相談に行った時には必ず見積もりを取ってみることもおすすめします。

ネットで数社の葬儀社からの資料請求

>>安く1日葬をするならコチラから資料請求