今では多くの人が知っていて葬儀費用を安くなると思って家族葬を選んでいる人もいます。家族葬とは個人の家族や親族で執り行う事をさし葬儀の規模を小さく行う事をさします。つまり葬儀に参列する人数ではなくて何処までを葬儀に呼ぶかできまります。つまり個人の兄弟が沢山いる場合などは親族だけで50名以上になっても家族葬になります。
例えば20名程度の葬儀に30名の一般の会葬者が来た場合は一般葬になります。
つまり親族以外の会葬者を呼ぶか呼ばないかで決まると言っても良いかもしれません。

一昔前の密葬と呼ばれることもありますが、本来の密葬とは家族だけでやる場合を密葬と言うこともありました、また最近ではお寺の住職や著名な方が無くなった時には密葬をした後に本葬やお別れ会をして多くの人に会葬に来てもらうことになります。

家族葬は安いと思っている人もいますが・・・

以前でしたら家族葬は安かったのですが最近では家族葬を希望する人が増えたことによって葬儀社様も何かしらの価値を付けて金額を高くしています。

【例えば】

・1日1軒のお葬式と言って自宅にいるような式にして価値をあげています。
・以前なら家族葬はお金に余裕が無い人がやることが多かったのですが最近では葬儀の付き合いが大変になるので家族葬で済ませてしまう人もいます。ですがお金が無い訳では無いので高い食事や引き物、生花祭壇を提案して葬儀費用が高くなっています。
・このように家族葬でも100万以上になることは普通にあります。家族葬が出始めたころは高くても60万ぐらいで葬儀も出来たとおもいます。
※総額で比較すると家族葬の方が支払額は安いです。

家族葬は赤字になりやすい

葬儀でプラスになることを考えてもいけないと思うのですが家族葬は一般葬に比べて会葬者が来ないので香典金額が集まらないために赤字になることが多いです。
一般葬の葬儀費用の平均が150万だとしたら会葬と親族の香典で200名からの香典が集まれば費用とお布施を集まった香典で支払うこともできます。またそこまでの人が集まらないとしても葬儀プランや生花祭壇の金額など何かしらの金額を下げることによって葬儀費用は安くすることができますから香典で支払うこともできます。
ですが家族葬の場合は入ってくる香典金額が親族の数に比例しますから親族が少なければ少ない程赤字になる可能性があります。たとえは親族が30人ぐらいだったとして香典金額が1人1万だと仮定した場合だと香典は30万しかあつまりません、この金額ではお寺のお布施を支払うと終わってしまいます。では、どのようにすればいいかと言うと、ここと言うところだけはお金をかけて後は安くすると抑えることが出来ます。

家族葬の葬儀費用を安くする方法

家族葬を安くする方法はシンプルにすることです。簡単に言うとオプションを付けないことや葬儀社さんの家族葬プランで一番安いのを選ぶ又は料理とお返しの金額を安くしてしまう事で抑えることができます。
その他には色々な葬儀社さんに良くなり資料をとるなりして家族葬のプランを比較してみることが重要になります。
例えば下記では家族葬プランの金額を抜き出してきました、全国の葬儀社様の家族葬プランの金額を抜粋しています。あくまで家族葬の金額でプラン内容の比較はしていません。

A社 48万円
B社 40万円(一番下で安い葬儀社を紹介しています)
C社 67万円
D社 70万円
E社 65万円
F社 49万円
6社の家族葬のプラン金額を抜き出しました、これ以外にお引き物やお清めの料理がプラスされます。つまりこの金額が最低限必要になる金額になります。

このプランを見てもわかると思いますが会社によって基本のプランが違ってきます。一番安い葬儀社と高い葬儀社の金額差は30万円になりますからお清めの料理と引出物をまかなえる金額になるのでずいぶん家族葬の費用が安くなることがわかります。
これだけ安くなれば頂いた香典で葬儀費用を支払えることもできるかもしれません。

家族葬プランの中身は?

家族葬プランは、どの葬儀社さんでも同じプランと言ってもいいでしょう。
寝台車、ドライアイス、安置料金、手続き代行、棺、納棺費、棺用布団、式場料金、生花祭壇、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、運営スタッフ、骨壺、骨箱、礼状(葬儀社によって枚数限定)、白木位牌などが家族葬プランに含まれています。
逆にプランに含まれていないのは返礼品と清めの料理などが含まれていませんので必要な人は追加料金になります。
【リンク】
葬儀プランの中身を詳しく書いてみました。

一般葬と家族葬プランの違い

家族葬プランも一般葬でもプランに含まれるものは同じです。では何が違うかと言うと礼状が30枚だったのが100枚まで無料になるや祭壇が家族葬の祭壇だったのが大きな祭壇になり生花祭壇の大きさも倍ぐらいの大きさになります。
つまりご家族だけでの葬儀になりますから多くの人が来るわけだは無いので大きな祭壇を使う必要がないために小さい祭壇を使うことになります。ただ葬儀社によっては家族葬用の会場をもっていない場合もありますので家族
葬でも大きな祭壇を使って家族葬をする場合もあります。

家族葬のお布施の金額は

葬儀には必ず神主や住職にきていただき拝んでいただく必要があります。葬儀が家族葬でも一般葬でもお布施の料金には差がありません、場合によってはお通夜をしない場合は多少料金が安くなることもあります。

もし菩提寺がなくて誰かに拝んでもらいたい場合は、その時だけ紹介していただける会社もありますので利用している人もいます。金額的にも仏式の場合は通常では数十万は請求されますが紹介してくれる企業では通夜告別式の2日間で10万程度で紹介して頂けるようです。

ただ来てくれる住職はキチンと修業を積んだ住職が来てくれますが檀家さんの葬儀のような御経を唱えてくれるかは場合によっては疑問に思うこともあるかもしれません。

【リンク】

>>お布施と戒名

家族葬の返礼品は

葬儀には施主様が香典を包まないように親族に伝えてある場合は返礼品は必要がないですが香典を包む場合は必ず必ずお返しはする必要があります。お返しをするにも最近では2つのお返しの方法があり頂いた金額の半分を返す方法と、頂いた香典の7割ぐらいのお返しをする場合があります。
こちらは金銭的な問題になりますので私情を挟んで選ぶことをおすすめします。葬儀費用の支払いに余裕がない場合は反返しを多少でも余裕がある場合は頂いた香典の6割から7割の返礼品を用意しましょう。また安くしたい場合は葬儀社の返礼品を選ぶのではなくネットを利用して安いところから購入してお返しをするようにしましょう。

家族葬をもっと知りたい人は資料請求とイベント参加を

ここで色々なことを書きましたが基本的なことしか書いていません、もしかすると基本以下かもしません葬儀は地域性が高いのでプラン内容も違ってきますし細かな部分が違ってくることがあります。そのため必ず地元の葬儀社の資料をとることをおすすめします。今は葬儀社に足を運ばなくてもネットから資料請求をとれる便利な時代ですので誰に知られることがなく調べることができます。
資料請求をして気になる葬儀社さんに実際に足を運んで気になることを聞いてみるのもおすすめで資料ではわからないことも実際に足を運ぶことで解決できますし前もって葬儀社に相談に行くことを話しておくと細かな対応をしてくれます。
>>お近くの葬儀社を探したい人はコチラ

>>上で紹介した全国対応の一番安い家族葬はコチラ