火葬式の金額差は極端に金額差がでることはありません、どこの式場でしても高くて20万もあればできるとおもいます。(お布施は別です)
多いのが火葬式は5万もあればできると思っている人もいるようですが5万円だと棺代だけの金額になってしまいます。火葬だけだからと思っても車での搬送費や棺、骨壺などの費用が必要なので20万近い金額になります。
火葬式を選択しる人は故人様と親戚の方々が高齢の場合と金銭的な余裕が無くて少しでも安く済ませたいひとに火葬式は支持されています。
家族葬に比べて何もないので少し寂しい気持ちもしますが心のこもっていない家族葬をするよりも心のこもっている火葬式をする方が故人様に対しての感謝になることでしょう。

火葬式と家族葬の違い

葬儀の簡素化で家族葬が増えているのですが、家族葬と火葬式を一緒にしている人もいるようですが火葬式は納棺をしてお別れをして火葬する事を火葬式といいます。
式場ホールなどは借りることがなく亡くなれたあとは自宅で安置するか葬儀社、火葬場のご遺体の安置室で火葬の日まで安置をします。
家族葬では家族以外の人も焼香にくることもありまが火葬式の場合は焼香をすることはなくお別れの花を棺にいれることはあります。

火葬式プランを徹底比較

少し前は火葬式はどこの葬儀社のプランは何処も同じでしたが最近は火葬式の需要も増えてきたことで火葬式のプランを安いプラント高いプランの2種類をよういして対応をしています。
A社  14万
B社  20万
C社  25万 27万
D社  16万
E社  17万
沢山の葬儀社の火葬式を調べると10万以下の火葬式プランを紹介している葬儀社もありますがプラン内容をよく見ると病院から自宅や葬儀会館までの寝台車は含まれているのですが自宅や開館への料金はプランに含まれていません、このようによくプラン内容を見ないで申し込むと最終的には高い金額になってしまう場合がありますので必ず資料を請求してないようを確認しましょう

火葬式のプラン内容

火葬式のプラン内容は家族葬や一般葬に比べるとプラン内容がシンプルで必要最低限のものしかふくまれていません、そのためプラン内容は同じで細かい部分が違うと思ってください。
お迎え搬送、安置、ドライアイス、棺、骨壺、仏衣、役所、納棺、火葬案内、枕飾り、線香、白木位牌、火葬場への搬送などが火葬式のプランに含まれています。このプランを見てもわかりますが家族葬や一般葬でも同じ内容の葬儀社様が多いです。
プラン内容が同じで金額が違うのかというと棺や骨壺、仏衣などが安いのを使っていることが多いので安い金額にしてあります。また火葬式の相場よりも安い場合は一般的なプラン内容から引かれて安くなっているので相場よりも安い金額になります。
色々な葬儀社のサイトを見ると相場よりも安い金額で宣伝している葬儀社様では会館や自宅から火葬場に行くときの搬送車が別途料金や、遺影写真、お位牌、枕飾り、役所手続きなどがプランに含まれていないことが多いです。
また清め料理や返礼を用意する場合は追加料金になります。
【リンク】
葬儀プランの中身を詳しく書いてみました。

火葬式のお布施

火葬式では通夜や告別式のようなキチンと拝んでもらう訳ではありませんのでお布施の金額も通常よりは安い金額でしていただけます。
殆どの多くは火葬場の窯の前や自宅から火葬場に向かう場合などは出棺前の僅かな時間に拝んでもらうこともあります。ただ多くの火葬式では拝んでもらわないことがほとんで、火葬式が終わったあとにお寺で拝んでもらうなどの方法もあります。
通常の金額だと数十万を請求されますが火葬式で菩提寺がなく宗派に関係なくネットで依頼をすると5万程度拝んでくれますのでおすすめです。
【リンク】
>>お布施と戒名

火葬式の返礼品

火葬式では香典を包んでくる人は少ないのですが、まれに香典を包んで来られる方がいます。どこの葬儀社でもそうですが火葬式プランには礼状は含まれていませんので香典を頂いてお返しをする場合はオプションで礼状と返礼品を用意してください
実際に火葬式でやって後日自宅に香典をもって人が来たので大変だったとの話は聞くことがあります
もし火葬式をしたあとにご自宅に会葬の人が来て香典をいただいた場合は『火葬式でやったので引き物を用意していない』ことを伝えて後日とどけるようにしましょう。品物は葬儀社さんにお願いしても良いですが自宅近くのギフトショップなどで購入をして渡すのでもよいと思います。

火葬式はプランで失敗しない方法

火葬式を希望する人は安く葬儀をすませたい人の方が多いと思います。ここまで読んで頂いて火葬式の金額差が最大で5万円の差がでるので結構おおきな金額になりますので数社に資料請求やイベントに参加して相談をしたほうが安心できます。
またネットでも沢山の葬儀社を紹介するサイトや比較サイトがあるのでそちらを見て葬儀社選びを参考にしてください。
>>お近くの葬儀社を探したい人はコチラ

>>上で紹介した全国対応の一番安い家族葬はコチラ