儀プランの内容と追加料金になる可能性があるのを紹介いたします。

今は何処の葬儀社でもプランが組まれています。その金額で葬儀が出来てしまうと思ってしまう人もいますが実際は最低限必要な金額で多くの人がその金額以上の料金が必要になると思ってください、またプランに入っているものには回数が決まっています。

例えば故人様が火葬までの間にご遺体が傷まないようにドライアイスを必要としますがプランには回数が書かれていないこともありますが多くの葬儀社様では1回分しかプランに含まれていません。つまり夏場で火葬までの期間が長い場合でドライアイスを3回交換した場合はその分の料金が発生します。

 

寝台車・・・病院から自宅や会館への移動から式場から火葬場への移動時に使います。(各葬儀社さんによって違いますがキロ数の制限があります。制限キロ数を超えた場合は追加料金になります。)

 

ドライアイス・・・故人様が亡くなられてから火葬されるまでの間は溶けそうになったら交換します。基本的には1回分がプランに含まれていますが2回目以降は追加料金の対象になります。夏場や何かしらの理由によって亡くなられてから火葬されるまでの間が長い場合は追加になりやくなります。

 

棺・・・・棺は殆どのプランに含まれています。会社の社長や著名な人は高価な棺を使われることがありますが基本的にはプランに含まれている棺を使っている人がほとんどです。棺に入れて数日で燃やされてしまいますので高いのはもったいなくて使わない人がほとんどです。

 

白木の位牌・・・神式と仏式で位牌の形は違いますが式から35日 49日、神式の場合は50日祭までは白木の位牌を使い、その後は本位牌と言って黒い位牌をつかいます。この黒位牌にするときに大きさや物にもよるのですが数万円する場合もあります。最終的には黒位牌にするなら最初から黒位牌を使ってもいいのではと思いますが色々な決まりがあるようです。

 

骨壺・・・沢山の種類の骨壷が発売されています。デザインも豊富でシンプルなものから女性向けの綺麗な物、男性向けの豪華なデザインのものまで沢山の骨壺が発売されています。こちらもプランに含まれている骨壺を殆どの人がつかっていますので高価な物を使う必要はないと思います。

 

仏衣・・・旅装束とも言います。故人様があの世への旅をするときに着る服の事をいいます。高いものになると数万もするものもありますが基本的なものでいいと思います。

納棺一式・・・この世から天国に行くにあたって個人様を綺麗にする湯灌の儀式時に使います。この時に専門の湯灌業者にお願いして湯灌から旅支度、納棺をしてくれる業者もあります。

 

遺影写真・・・これは大切な写真です。一生残ります。亡くなられてから数十年と残りますので重要な写真になります。最近では葬儀社のイベントで遺影写真を撮ってくれるところもあります。多いのが遺影写真に使える写真がない人が多く亡くなられてのが80歳で遺影写真が60歳の時の写真というときもあります。

 

司会・アシスタント・・・式がトラブルなく順調に済ませるには必要です。

 

事務手続き・・・役所や火葬場への手続きをしてくれます。昔は親族やご近所の人がしてくれましたが最近では葬儀社さんが手続きをしてくれます。

 

後飾り・・・葬儀が終わって49日まではご自宅に仮の祭壇を設営します。この後飾りは葬儀社によって違いますが使いまわすところもありますが1回かぎりのところもあります。

 

マイクロバス・・・ご親族で遠方から来ている場合は必ずマイクロバスを用意して下さい。理由は式場から火葬場への移動などで迷子になったり道を間違えたりして予定時間がくるう場合があります。

 

霊柩車・・・これは無いとこまります。親戚の車に積むわけにもいきませんからね。

 

会館使用料・・・これは家族葬用の開館と一般葬用の開館を分けている場合にプランにふくまれていることが多く家族葬用は安く一般葬用は高い料金になります。

 

祭壇料・・・・これは1つの会館しかない場合に家族葬用と一般葬用の祭壇を分けるようになっている葬儀社様で使われています。

 

生花祭壇・・・祭壇に花で飾るときに加算されています。もちろん基本プランには生花祭壇が含まれているところもあります。

 

ここに紹介したのがほとんどの葬儀社様の基本プランに含まれていますが地域によってはこれ以外にも習わしの物が基本プランに含まれている場合もあります。

 

プランのグレードアップは必要なのかと言えば必要はありません、ですが残された人たちは故人様のためにしてやれる最後の恩返しになります。

ですから少しでもしてやれるなら出来る範囲でしてあげるのも良いとおもいます。

 

プランの中で生花祭壇だけをワンランク上の生花祭壇にするのも良いと思います

それとプランをランクアップさせると別途料金がかかりますが、この金額が葬儀様によって違い5万円単位でアップできる企業もあれば10万円単位でしかアップできない葬儀社もありますので色々な葬儀社を比較してください

【リンク】

葬儀社プランの資料請求をする