亡くなってからの新たな名前である戒名、この戒名の名には位があって高い戒名と安い戒名がありますが一般的には安い戒名で名前をつけている人がほとんどです。

この戒名もお寺さんによって微妙に金額の違いがありますから菩提寺がない人の場合はよく調べてから檀家さんになるようにしてください。

スポンサーリンク

お寺の戒名の種類

お寺の戒名は宗派によって違い曹洞宗、真言宗、天台宗は同じですが浄土宗は院居士・院大姉がありません、臨済宗は院信士・院信女がありません、日蓮宗は居士・大姉がありません、浄土真宗は院信士・院信女、院居士・院大姉がありません。

  1. 院居士・院大姉  100万以上
  2. 院信士・院信女  80万~100万
  3. 居士・大姉    50万~70万
  4. 信士・信女    30万~50万

が位の高い順で1番の院居士・院大姉は戒名の中で高いのでお布施は100万を超えることが多いです。これは一般的な金額が何処のお寺でも同じぐらいの金額になると思います。

高い戒名を付けると後が大変

戒名は葬儀の時に付けますから葬儀の時にお金を沢山払えばその後は払うことが無いと思っているひともいると思います。それがそれだけでは終わらないのが戒名なんです。

もちろん49日や1周期 3回忌 7回忌のお布施が信士や信女に比べて高くなることは当たり前で、これ以外にもお寺の年会費やお寺の増築や改装のお布施の金額も他の人よりも高い金額が請求されます。

請求と書くと変ですがが実際にこれだけの金額を払ってくださいと通知されるので強制だと思って良いかもしれません

例えば院居士・院大姉は100万円のお布施を払って法要で1回5万円の4回で20万は最低で必要になってきますのでそれだけのお金を払えるなら問題はありません。

戒名は子供達から孫へと

簡単にいうと付けた戒名の位は上げることは簡単でも下げることは難しいと言われています。例えば自分の父に感謝の気持ちを付けて院居士の戒名を付けたとします。今度は自分が死んだときに子供が100万円を払えるのか?

お寺は一度付けたくらいの戒名を下げることを嫌うことが多く嫌がるので子供や孫に迷惑をかける可能性が非常に高いので出来ることならあまり無理をしない範囲で戒名を付けることをすすめます。

信士・信女を付けるのは恥ずかしいのか

亡くなられて人の9割はこの戒名と言ってもいいかもしれません、これはお金に余裕があっても一番下の位の戒名をつける人もおおいです。理由は戒名に価値を見出すことが出来ないからです。それと最近は長寿の人が多くて病院が施設に長くいる人が増えたことによって葬儀にお金をかけることが出来ない人がほとんですので無理をしないで一番安い戒名をつけている人が殆どです。

 

 

 

スポンサーリンク