葬儀の為の保険って皆さんかけていますか?

多くの人は死亡保険をかけていますが葬儀の為の保険はかけていない人がほとんどです。

葬儀保険の最大のメリットは、医師の診断書はなくても申し込むことができます。ご自身で記入欄に回答して行くだけです。

また死亡保険に申し込めるのは年齢を重ねてからだと厳しいのですが20歳から80歳をこえても申し込むことができますので将来的な不安がある人には申し込みをしておくことをおすすめします。

実際に葬儀の費用でかかる金額は一般葬が150万家族葬が100万、火葬式が20万程度でこれにはお布施が含まれていません、

(葬儀の費用で120万 お布施30万49日1周忌20万 お墓で50万程度、仏壇で10万~20万)

亡くなってかかる費用と亡くなるまでの費用を考えると倍ぐらいの金額になってしまいます。その分の費用の余裕があるならいいのですが、それほど余裕のある家庭は少ないとおもいます。それに自分たちの葬儀をしてもらう家族に迷惑をかけるわけにもいきませんから出来るだけ自分の事はどうにかしたい

葬儀保険をかけておくことで『もしも』の時の負担を減らすことができます。

 

スポンサーリンク

葬儀保険のメリット

高齢でも加入できる、持病のある方や、傷病歴があっても加入しやすい、保険金額も30万~300万までの保険に加入できます。また葬儀の支払いは葬儀後翌日には支払うことが多いので、保険金を短期で支払ってくれるので大変安心できます。

葬儀社運営の保険会社

メモリード

ベル少額

エスシーエンディング

提携

コープ保険

フローラル共済

イオン葬儀保険

民間 保険

SBI

オリックス

 

保険会社 支払い

  • 書類が揃い次第払い込み
  • 葬儀保険の場合は書類が揃い5営業日か契約から2年経過している場合には翌日に払い込み
  • 通常の脂肪保険の場合は5日~7日ですが場合によっては長くなることもあります。
  • 長くなる理由は亡くなったときが事故か自殺かでの判断が難しいとき
  • また保険の契約をしたときに病気をしていた可能性がある場合などは受け取れるまでに時間がかかります

 

葬儀保険に申し込み可能年齢

保険の申し込みをしたくても年齢制限で契約ができないのですが葬儀保険は最終申し込み年齢が企業によっては90歳近くまで申し込みをすることが出来ますので、葬儀の費用で不安なひとは申し込みをしてみてください。

ただ年齢とコースによっては月8,000円以上の支払いが必要になります。月の支払いが不安な人は若いうちに申し込むことで月々の支払いを安くすることができます。

保険金額によっては50代からの積み立てで2,000円からできますので早い時期に積み立てることができます。

 

 

 

保証開始年齢

 

医師の診察

葬儀保険は基本的には診察を必要としていない

通常の保険などは保険の契約前に健康診断が必要ようとなる

スポンサーリンク