葬儀の費用は火葬式でも10万~20万近く費用がかかってしまいます。できることならもっと安くしたい10万以下ですませたい

葬儀社さんで考えると一番のコストは人件費、この分が削減できるともっと安くすることが可能です。でも担当者がいなかったら何もできないと思っていませんか?

火葬式の場合は病院で亡くなった故人を自宅に安置することが出来れば意外と簡単に出来てしまいます。

スポンサーリンク

火葬式の最安値は?

ネットで葬儀の広告を出しているところは15万~20万程度でできるようです。これよりも安いのが従業員を雇わないで家族だけでやっている葬儀社さんだともっと安くできます。

葬儀社さんで一番コストのかかるのが人件費といわれていて雇っている社員が多ければそれだけ葬儀料金が高くなるといわれています。ですので社員を雇わずに家族だけでやっている葬儀社さんは安い費用で火葬式ができると言われています。

火葬式プランの内容とは

火葬式のプランは何処も同じですが安くなればなるほどシンプルと言って良いでしょう例えば20万の火葬式プランには湯灌時に使う仏衣が含まれていますが安いプランになると含まれていません、つまり葬儀社、プランによって内容が違いますので良く確認をしてください

搬送 役所手続き(死亡届、火葬許可書の交付)棺、枕飾り、ドライアイス(2日~4日)線香、ローソク 遺影写真 別れ花 骨壺

が基本的なセットになります。このセットには火葬費用や火葬中の待合室料金が含まれていません。

火葬費用はいくら

費用は地域によって違い5万する地域もあれば2万程度で火葬ができるところがあります。ただお住いの地域に火葬場がある場合は料金が無料になります。

また旅先や出張先で亡くなられた場合はお住いの地域に帰って火葬を希望した場合は搬送費用が高額になってしまいますので亡くなられた先の火葬費用が安いようでしたらその先で火葬だけをしたほうがいいです。

一番安くできる火葬式

ここまでは葬儀社さんの安いプランを紹介していますが、ここからはチョット違った火葬式を紹介していけたらとおもいます。これには条件が色々とあるので全員の方が出来るわけではありませんので了承してください。

まず棺や骨壺はAmazonやネットで購入して下さい棺は送料込みで2万程度で、自分で組み立てないといけませんが簡単に組み立てることができますので、それほど心配をする必要はありません、またセットには旅支度セットもありますので検討してください。骨壺は西と東で骨壺の大きさが違い遺骨の全部を入れる東と遺骨の一部を入れる西で骨壺の大きさが違います。

西は7寸に対して東は8寸の骨壺をつかいますので購入前にして注意して下さい。金額は安いので1万以下で購入することができます。つまり火葬式で最低限必要な棺と骨壺で4万程度で準備ができます。

ここまでで火葬をするための準備ができましたので、次に大切なのが搬送をしてもらう料金になります。病院から自宅、自宅から火葬場まで運んでもらうのを手配する必要があります。自宅から火葬場までの搬送は市営の搬送車がある地域だと1万以下でできます。もしない場合だと10キロ未満で15,000円は最低限必要な金額になります。

では、何処に頼むかと言うと近くの葬儀社に搬送料金の見積もりをもらいましょう、搬送だけを依頼した場合だと割高になる場合もあるので数社の葬儀社に自宅から火葬場までの料金がいくらになるかを確認してください

火葬式の最安値

ざっと計算しても10万以下でできることがわかります。

棺代・・・20,000円

骨壺・・・10,000円

搬送費用・・25,000円(病院から自宅までの搬送が10キロ未満で、自宅から火葬場までは公営の霊柩車が頼めることが条件)

55,000円でできますので大手の葬儀社さんの4分の1程度の金額で火葬ができることがわかります。

自分でやる火葬式のデメリット

ここまでは自分でやったほうが火葬式は安くすみますよと書きましたが色々とデメリットもありますので覚えておいてください。

急に亡くなられた場合は準備をすることが出来ません、ネットで購入する場合は2日以上の日にちが必要になりますので明日には用意したい場合は、この方法はできませんの注意してください、つまり危篤や病気が厳しい時に用意をしておく必要があります。

葬儀社さんを入れると面倒な手続きを代行してくれますが入れない場合は自分でやらなくてはいけません、例えば亡くなったことを行政に届けて火葬許可書を発行してもらわないと火葬をすることができません

火葬場の予約も自分でしなくてはいけませんので細かいことが多く大変だとおもいます。こういった手間を省いてくれるのが葬儀社さんですので良く検討してから自分でやるか葬儀社に頼むかを決めてください。

 

誰にも見られずに簡単に葬儀の見積もりを簡単にとることができます。似たプランでも最大20万は葬儀社さんによって支払う金額が違ってしまいます。今は葬儀費用の見積もりをとるのがあたりまえ失敗しないためにもしっかりと対策をとりましょう
スポンサーリンク